Web制作をフリーランスへ委託するメリット!おすすめのフリーランス紹介業者

Web制作をフリーランスへ委託するメリット!おすすめのフリーランス紹介業者

近年は自社のホームページといったWeb制作を、フリーランスに依頼する方が増えてきました。中には個人の方がフリーランスのWeb制作を利用するケースもありますが、それに伴って、制作会社と比べた際のフリーランスにおける、費用やメリット・デメリットが気になるところでしょう。

実際に制作会社へ依頼すると質が高かったり、最後まで責任を持って仕事をしてくれるメリットはあるが、費用が高かったり、対応が遅かったりといったデメリットもあります。

その一方でWeb制作をフリーランスに任せると、費用を安く抑えられたり、柔軟に対応してもらえるなどのメリットがあるが、サイトの質が悪かったり、音信不通になったりといったトラブルもあるので、どちらを利用するべきが頭を悩ませている方も多いはずです。

そこで今回は、Web制作を制作会社とフリーランスのどちらにするのか悩んでいる方へ、フリーランスに任せるメリット・デメリットをご紹介すると共に、どのようにしてフリーランスの方にWeb制作を依頼すれば良いのか、その方法についても解説していきます。

Web制作をフリーランスに任せるメリット

まずはWeb制作をフリーランスの方に任せると、費用が安かったり、こちらの要求に柔軟に対応してくれるなどのメリットがあるので、詳しく解説していきます。

①制作会社よりも安い費用で請負ってくれる

Web制作をフリーランスに依頼する最大のメリットは、何と言っても費用の安さです。

まずはWeb制作会社に依頼した場合の費用を確認してみましょう。

・サイトの企画・構成:2万円~

・トップページ:3.5~7万円

・下層ページ:2~5万円

・ライティングページ:5.5~10万円

・ロゴ制作:3.5~4.5万円

制作会社によって費用にバラつきがあるので、必ずしも上記の費用以内に収まる訳ではないものの、大まかな相場は以上です。

続いてWeb制作をフリーランスに依頼した場合の費用は以下です。

・サイトの企画・構成:1万円~

・トップページ:2万円~

・下層ページ:3万円~

・ライティングページ:1万円~

・ロゴ制作:1万円~

Web制作をフリーランスに依頼した場合の費用に関しては、制作会社よりもバラつきが大きいため、こちらも一概に上記の費用になるとは言えませんが、それでも制作会社と比較すると約3分の1の費用利用できます。

②コミュニケーションが取りやすく要望にも柔軟に対応してくれる

Web制作をフリーランスに依頼する2つ目のメリットは、コミュニケーションが取りやすく、こちらの要望に柔軟に対応してくれる点です。

例えばサイトの更新をしてもらおうと制作会社に依頼すると、営業からディレクター、Webデザイナーといった流れで、こちらの要望が届きます。それでは実際に作業するまでに時間がかかります。

しかし、フリーランスなら直接作業の依頼ができるので、早ければ数分で更新が完了することもあります。制作会社と違って1人で作業をしているので、話も進みやすく、スケジュール調整も容易な点が大きなメリットです。

Web制作をフリーランスに任せるデメリット

費用が安かったり、こちらの要望も通りやすいフリーランスのWeb制作ですが、もちろんサイトの質が悪かったり、音信不通になるといったデメリットもあるので解説していきます。

①実力がなく質も低いことがある

フリーランスとして活動している方の実績や経験は様々です。例えば大手の制作会社でWeb制作を担当して、数年後に独立してフリーランスになる方もいれば、オンラインスクールなどで学び、一切の実務経験がないままフリーランスとして活動を開始する方もいます。

そのため依頼してみたら、全く希望していたサイトと違ったり、明らかにクオリティが低くて、時間と費用が無駄になったという経験がある方もいるでしょう。

どのような実績や経歴であってもWeb制作として活動できるのがフリーランスなので、依頼する人によって、対応できる業務内容が違ったり、完成したサイトの質の良し悪し大きなバラつきがあったりといったデメリットがあります。

質が悪い人にあたらないための対策は以下です。

1.フリーランス紹介業者を使う(シューマツワーカーなど)

2.過去の実績を確認する

3.サイト公開後の運用について確認する

シューマツワーカーなどフリーランスの紹介業者を使えば、フリーランスの見分けかたのアドバイスが貰えるため、質が低いといったリスクを最小限に抑えられます。

②対応に差があり音信不通になることもある

制作会社の場合は営業時間が決まっているため、その時間に連絡をすれば良いのですが、フリーランスの場合はそうはいきません。

フリーランスの方が自由に仕事のスケジュールを設定するため、人によって連絡可能な時間帯や返答にかかる時間に違いがあります。こちらの要望に対して数分で対応してくれる場合もあれば、数日経っても対応してくれないケースもあります。

実際に起きている酷いケースでは、納期を守らなかったり、音信不通になったりといったトラブルも発生していて、大変な思いをしている企業もあります。

依頼する際はサポート体制について、しっかり確認することが大切です。具体的にチェックすべき項目は以下の3つです。

1.着手時期:制作を開始する時期をしっかりと確認しましょう。

2.納期時期:いつまでに提出するのか確認しましょう。

3.対応時間:平日や土日、それぞれ何時だったら対応可能か確認しましょう。

Web制作をフリーランスに任せる方法

Web制作をフリーランスに依頼する場合、どのような方法があるのでしょうか、解説していきましょう。

人脈を活かして知人から紹介してもらう

今まで行ってきた仕事によってできた人脈を活かして、Web制作をフリーランスで行っている方を紹介してもらう方法があります。

特に実際仕事をした中で、良い仕事をしてくれた方が紹介するフリーランスなら、高い確率で質の良い仕事をしてくれるでしょう。

ただし現時点で人脈がなくて紹介してもらえない、といった悩みを抱えている方も少なくないでしょう。その場合はまず人脈作りからする必要があり、時間と手間がかかるので、その点はデメリットでしょう。

メリット:良い仕事をしてくれる人が見つかる

デメリット:人脈が必要で作るには時間と手間がかかる

クラウドソーシングを使う

フリーランスの方が案件を獲得するために多く集まっているのが、クラウドソーシングです。インターネット上で不特定多数のフリーランスの方に、業務を委託するサイトで、Web制作に関しても安い費用で請負ってくれます。

費用は制作の内容にもよりますが、ホームページ作成なら5万円から依頼できます。そして一度お仕事を任せてみて、良ければ本採用をすることも可能です。

ただしWeb制作のクオリティが人によって大きな差があったり、連絡の頻度や対応も人によって異なったりします。

メリット:費用を安く抑えられる、本採用に繋がる

デメリット:人によってサイトの質が違う、納期を守らず音信不通になるリスクもある

クラウドソーシングとしておすすめなのは以下の2つです。

1.ランサーズ

2.クラウドワークス

始め方も簡単なので、誰でもすぐに始められるでしょう。

フリーランスの紹介業者を使う

続いてWeb制作のフリーランスに依頼する方法として有効なのが、フリーランスの紹介業者を使うことです。クラウドソーシングと似ていますが、クラウドソーシングは依頼する側が不特定多数に募集をかけるのに対して、フリーランス紹介業者は、条件を登録すると自分の条件にあった方を代わりに見つけてくれます。

またフリーランスの紹介業者を通してWeb制作を依頼すると、質の高いサイトを作ってくれる特長があります。というのもフリーランスの紹介業者に登録している方の多くが、普段は企業で働いていて、週末に副業として委託しているからです。

普段からプロとして活動している方に依頼ができるので、こちらの希望通りのサイトにしてくれることはもちろんのこと、サイトのアクセス数を増やすSEO施策や、商品やサービスの売上アップを目的としたライティングなども行ってくれます。

メリット:質が高いWeb制作を安い費用で請負ってくれる

デメリット:クラウドソーシングよりは費用が高くなる

Web制作に強い!フリーランス紹介業者

Web制作をフリーランスに依頼する方法として、最もおすすめのフリーランス紹介業者ですが、続いてはどんな業者が良いのかご紹介します。

シューマツワーカー 

シューマツワーカーはWeb制作の他にも、デザイナーやマーケッターといった方の中から、副業として働きたい人材を企業に紹介するエージェント型のサービスです。

普段は制作会社などでプロとして活動している方がほとんどなので、Web制作に関しても質の高いサイトを構築してくれます。

そのため、ただWeb制作をしてくれるだけでなく、例えば検索エンジンで上位に表示されるようにSEO施策を施してくれたり、商品やサービスの売上アップに繋がるライティングをしてくれたりします。

また近年では、サイトの利用者がパソコンだけでなく、スマホやタブレットでアクセスすることも増えましたが、それぞれの端末で適切に表示されるように、制作したりもします。

シューマツワーカーを活用すれば、コミュニケーションを密に取れますし、時給でWeb制作を依頼することも可能なのでおすすめです。

ちなみにシューマツワーカーでは以下の職種も請け負ってくれます。

・フロントエンジニア

・バックエンドエンジニア

・アプリエンジニア

・デザイナー

・プロジェクトマネージャー

・Webマーケッター

シューマツワーカーの詳細はこちら

まとめ

このようにWeb制作をフリーランスの方に依頼することで、安い費用で請け負ってもらえたり、密に打ち合わせができたりします。

その一方で完成したサイトの質にバラつきがあったり、仕事に対しての責任感が薄かったりと、様々なデメリットもあります。

そこでシューマツワーカーなどのフリーランス紹介業者を利用することで、安い費用で質が高いWeb制作を依頼できるので、Web制作の代行をお考えの方はシューマツワーカーなどを通して、フリーランスへの依頼をご検討ください。

webマーケティングカテゴリの最新記事