おすすめのオンラインアシスタント~仕事内容や費用相場などをご紹介!

おすすめのオンラインアシスタント~仕事内容や費用相場などをご紹介!

「やらなければいけないとわかっているのにいつも手が回らない・・・」

「人手不足なのに採用にお金をかけられない・・・」

そうお悩みの方は多いのではないでしょうか。

そのような状況の中で、今注目を集めているのが「オンラインアシスタント」です。

主にバックオフィスをフォローしてくれるサービスですが、活用方法によっては効果に大きな差が出てきてしまうので、導入する前には慎重に検討する必要があります。

そこで今回は、オンラインアシスタントを導入する上で押さえておくべきポイントをご紹介しますので、是非ご参考にしてください。

オンラインアシスタントとは

オンラインアシスタントとは、経理や人事、営業サポートなどのバックオフィス業務をインターネットを利用したリモートワークでサポートしてくれるサービスのことです。

専門的な知識や経験のある個人が、オンラインアシスタントサービスの運営会社へ登録をし、その登録者の中から、サービスを利用している企業や個人の方の要望に合う人材に業務を委託するというのが一般的な仕組みです。

依頼できる業務内容は多岐に渡り、会計や法務などの専門性の高い業務や、マーケティングやSNS運用の業務など様々です。

今となっては、企業だけに限らず個人の方でも活用する人が増えてきており、オンラインアシスタントサービスを提供する会社は少なくとも40社以上存在しています。

オンラインアシスタントのメリット・デメリット

オンラインアシスタントを利用することによって得られるメリットは多くあります。

まず、「コストも時間も削減できる」という点です。

必要な時に必要な分だけ利用することで、人件費を削減できますし、スピーディーに業務を終えることが出来ます。

そして、「質の高い仕事を実現できる」という点もメリットの一つです。

オンラインアシスタントは、各分野の専門知識や実務経験を持つスタッフが業務フォローをするので、とてもハイクオリティな仕事をしてくれるのです。

ただ一方で、デメリットがあることも知っておく必要があります。

例えば、オンラインでの仕事しか依頼することが出来ないという点です。

また、会社の重要な情報を取り扱う場合もあることを考えれば、情報漏洩の危険性も高まるので、事前の対策も必要になってきます。

メリットだけに目を向けるのではなく、デメリットをどのようにクリアし、安全に運用していくべきかということも同時に考えていくことが重要です。

オンラインアシスタントサービスの仕事・業務内容

「オンラインアシスタントサービス」と一言で言っても、業務の種類は多岐に渡ります。

具体的には、以下のような内容が挙げられます。

経理業務

具体的な業務内容は、経費精算や受発注管理、請求書の作成、記帳代行などがあります。

お金を扱う業務なので、とても機密性が高く、専門知識や経験が必要な業務となります。

また重要な情報を扱う業務だからこそ、セキュリティ面での対策も重要です。

事前に情報セキュリティ対策を行っている会社かどうかを確認すると良いでしょう。

例えば、「情報セキュリティポリシー」を掲げているか、あるいはPマークを取得しているかということを確認してみます。

どちらについても、HPを調べれば記載がありますので確認することが出来ます。

個人情報を取り扱う上での指針などが書かれたものですので、その記載があるかどうかで、セキュリティ面での対策を行っているかどうかの判断をすることが出来ます。

ちなみに、下記の企業はセキュリティ対策が行われているオンラインアシスタントサービスの会社ですのでご参考にしてみてください。

  • フジ子さん(フジア株式会社)
  • CASTER BIZ(株式会社キャスター)  など

秘書・総務業務

具体的な業務内容としては、電話・メール対応やスケジュール管理、出張手配や資料請求などがあります。

社長や役員など、企業のトップをフォローするというイメージがある秘書ですが、オンラインアシスタントでの秘書の業務は、そのような限定はありません。

様々な人のバックオフィス業務をフォローしてくれるので、コア業務に集中したいという人たちにとって、大変心強い存在になってくれます。

また、秘書業務と同様に幅広い範囲の業務を担っているのが総務です。

具体的な業務内容としては、備品購入・管理、お礼状などの書状作成、データ入力などがあります。

企業全体のバックオフィス業務に幅広く携わるので、人手が不足しやすいポジションでもあります。

その為、総務業務についても、オンラインアシスタントに一部フォローしてもらうことにより、業務量や業務時間は大幅に削減できます。

人事・採用業務

具体的な業務内容としては、面接スケジュールの調整や入退社の手続き、求人広告の出稿・管理、給与計算などがあります。

採用業務や社員の管理を行う人事業務は、専門性が必要で煩わしい部分も多い業務です。

また採用の場面においては、長年の経験から得られる良い人材を選ぶ力も必要になります。

オンラインアシスタントサービスを提供している会社の中には、採用のプロが在籍する会社もあるので、質の良い採用活動に繋げるためのサービス導入も可能です。

営業アシスタント

具体的な業務内容としては、資料作成、アポ取り、窓口業務、顧客管理などがあります。

課題を感じられることが多いのが、営業部署の事務業務対応です。

普段、外出の多い営業職のスタッフは、外回りから戻ってから事務作業をする余裕がありません。

しかし実際のところ、営業スタッフが自ら事務業務も行う現場は多く、営業活動のみに集中出来る環境にある人はそう多くありません。

そういった営業スタッフの業務をサポートする業務も、オンラインアシスタントサービスでは担うことができます。

営業活動以外の業務をオンラインアシスタントに任せることで、営業スタッフは営業活動に集中することができるようになり業績にも影響を与えることができます。

オンラインアシスタントの料金・費用相場

実際にオンラインアシスタントの導入を考える際、気になるのはやはり料金でしょう。

料金形態はいくつか種類がありますが、ほとんどのオンラインアシスタントサービスが稼働時間で料金が決まる「時間制」を採用しています。

この場合は、業務内容が固定されないため、決まった時間内で様々な仕事を任せたい場合に向いている料金プランです。

料金相場としては、月に30時間契約の場合7~12万円前後で、時給換算をすると2,000円~4,000円ほどになります。

また、毎月決まった金額で仕事を依頼する「定額制」というプランもあります。

この場合の料金相場は、1ヶ月あたり20~30時間が基本で月額10万円前後、時給換算では3,000円ほどになります。

おすすめのオンラインアシスタント①料金が安い

それでは、コスパ重視で安いサービスを利用したいという場合のおすすめのオンラインサービスをご紹介します。

フジ子さん

【料金】2,300円/時(30時間契約の場合)

経理、秘書、人事、Webサイト運用など、幅広い業務に対応出来ます。

また、契約期間は1ヶ月なので管理しやすいですし、業務量に応じて月々でプラン変更や解約も柔軟に出来ます。

また、フジ子さんは「とにかく低コストで使える」というのが一番のメリットです。

上記の通り、料金は30時間契約すると、6.9万円になる計算です。

しかし一般的には、30時間で契約をすると10万円を超えてくる会社が殆どです。

そう考えますと、フジ子さんの料金プランはとてもリーズナブルなことが分かります。

その為、幅広い業務を任せたい、でもとにかく費用は抑えたいと考えている企業の方にはおすすめの会社です。



フジ子さんはこちらから




Biz Workers

【料金】2,300円/時(30時間契約の場合)

経理、秘書、営業アシスタント、Webサイト運用などの業務に対応出来ます。

フジ子さん同様、契約期間は1ヶ月となっており、適材適所のスピーディーなスタッフの振り分け対応で高く評価されています。

また、契約を継続する際は、余った時間を翌月に繰越すことが出来ますので、無駄なく活用することが出来ます。

突発的な業務が発生する場合もスピーディーに対応してほしい、時間を無駄なく活用してコスパ重視で利用したい、という企業の方にオススメです。

BizWorkersはこちらから

おすすめのオンラインアシスタント②質が高い

次に、質の良いオンラインアシスタントサービスを提供している会社をご紹介します。

I-STAFF

経理、秘書、人事など、幅広い業務に対応可能です。

オンライン上での業務代行だけではなく、郵送物の発送などのオフラインの業務も代行してくれるのが特徴です。

また採用プロセスの中で複数回のテストがあり、高い専門性のスタッフのみを採用しており、質の高い仕事をしてくれます。

返金保証制度がついていることが、質の高さに自信がある証拠でしょう。

質の高い人材が今すぐ欲しい、でも失敗して損はしたくない、そういった企業の方にオススメです。



詳細はこちらから




CASTER BIZ

経理、秘書、人事など、幅広い業務に対応可能です。

100分の1という採用倍率を勝ち抜いた優秀な人材が集まっているのが特徴です。

その分、料金は少し高めですが、大手企業や、ベンチャー・スタートアップ企業など、幅広い企業が利用しています。

予算はある程度確保出来るけど派遣社員を雇うよりは費用を抑えたい、なおかつ質が良く迅速なサービスを求めている会社の方にオススメです。



CASTER BIZはこちらから




おすすめのオンラインアシスタント③大手

その他にも、オンラインアシスタントサービスを扱う会社は多く存在しまずが、中でも大手と言われる会社をいくかご紹介します。

Crowd Works

事務作業やデザイン、システム開発など幅広い業務を取り扱っています。

登録しているフリーランス人材とのマッチングから支払い業務まで対応しているのが特徴です。

また、全国から受注者が登録をするので、幅広い人脈の中から採用することが出来ます。

そして単発の仕事だけの利用も可能という点で、突発的にフォローが必要になった場合にとても役立ちます。

定期的に発生する業務ではないけれど、発生したらすぐに対応してもらいたい、という会社の方にオススメです。

MerryBiz

経理業務に特化したオンラインアシスタントサービスです。

仕訳入力から会計ソフトの導入まで、経理業務を幅広く取り扱っているのが特徴です。

企業の規模を問わない完全なカスタマイズサービスであり、上場企業からスタートアップ企業まで多くの企業に対応した料金体系を作成することが可能です。



Merry Bizはこちらから




まとめ

これまでの説明を見て頂いて分かる通り、幅広い業務を取り扱っている会社が多く存在する中で、会社によってそれぞれ特徴もあります。

だからこそ、導入を考える際にはポイントを絞って会社を選んでいく必要があります。

まずは、「価格設定」です。

月額制の会社が多いと思いますが、最低契約期間は会社によって異なります。

それぞれ時給換算してどのくらいの費用がかかるのかを確認した上で、その価格の中で依頼したい業務をどこまでやってもらえるのか、サービスに見合った価格設定かを判断すると良いでしょう。

そして、「アシスタントの採用基準」も大切なポイントです。

アシスタントの採用基準は、そのままサービスの品質に直結します。

会社によって採用基準は異なりますので、利用しようと考えている会社の採用基準は予め確認しておきましょう。

以上のようなポイントを押さえて、それぞれのサービスを比較しながらより適しているオンラインアシスタントサービスを選択することをオススメします。

バックオフィス系カテゴリの最新記事