記帳代行の料金相場やおすすめの会社は?依頼できる業務内容も解説

記帳代行の料金相場やおすすめの会社は?依頼できる業務内容も解説

経営者なら誰しも、利益最大化のためにコストカットをしたいと考えています。

とはいえ、何から取り組めばいいかわからない場合も多いのではないでしょうか。

「人件費は固定費だから削れない」
「生産性向上といっても、どこに手を付けるべきかわからない」

進むべき方向性がわかっていても具体策がない状態では、どうしていいかわからないですよね。中小企業のコンサルティングをする中で、このような悩みを持つ多くの経営者に接してきました。

コストカットを実現するための一つの有効な施策は、アウトソーシングを活用することです。

記帳代行や秘書代行など、外注業者を上手に活用すればコストを下げつつ品質を向上させる可能です。アウトソーシングを活用することで、大幅なコストカットを実現した会社もあります。

記帳代行とは経理担当者がに担う帳簿作成を行ってくれるサービスです。

記帳業務を社内で依頼していると属人性が高くなりがちです。突然社員が退職してしまうと、採用や育成に時間がかかるうえに品質低下も免れません。

会社のリスクヘッジとしても、記帳代行を活用した方がメリットが大きいといえます。

この記事では、記帳代行で依頼できる業務内容や料金相場、おすすめの業者について詳しく解説します。記帳代行を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

格安の記帳代行はこちらから

 

記帳代行とは


会社を経営している以上、毎年決算で利益を確定させ、申告書を作成して納税しなければなりません。決算の前準備として重要なのが、日々の帳簿作成です。

記帳代行とは、この帳簿作成を代行してくれるサービスです。具体的には、通帳や領収書などをもとに売上・経費の金額を会計ソフトに入力していく作業を指します。

税理士が領収書の整理や会計ソフトへの入力を担ってくれることも多いですが、どうしても税理士に依頼すると割高になる傾向があります。

記帳代行のみを請け負ってくれる会社もあるため、自社に合った外注方法を検討することが大切です。

記帳代行のメリット、デメリット!人件費の削減になる

記帳代行に外注できる仕事・業務内容

続いて、記帳代行に外注できる仕事や業務内容について詳しく解説していきます。依頼できる業務内容は記帳代行業者によっても異なるため、依頼したい業務を担ってくれるかどうか事前に確認することが大切です。

記帳代行の業務内容①領収書の仕分け

会社を経営していると毎月膨大な量の領収書が発生します。取引先との交際費、備品の購入費など、一つ一つの領収書を社内で整理するのは時間がかかってしまいます。

記帳代行を活用すれば、領収書を整理しなくてOK。決められた日にまとめて送るだけで、日付や用途によって領収書の仕分けをしてくれます。

記帳代行の業務内容②領収書の貼り付け作業

経費計上する場合、根拠となる領収書を保管しておかなければなりません。

税務調査の際には領収書を税務署の職員が確認します。根拠となる領収書が見当たらない場合や内容が不明瞭な場合、経費計上が認められず追徴課税になってしまうケースもあります。

そのため、帳簿と紐づけた領収書の整理は非常に重要な作業です。とはいえ、税務調査はいつくるかわからないため、社内で行っているとついついずさんな整理になってしまうことも少なくありません。

記帳代行を利用すれば、最も効率的なやり方で領収書の貼り付け作業をしてくれます。そのため、突然税務調査が入ったとしても慌てる必要はありません。

記帳代行の業務内容③会計ソフトへの入力業務

会計ソフトはワードやエクセルといった一般的なソフトとは異なるため、ソフトの使い方に精通していないとなかなかスムーズな入力ができません。加えて簿記の知識も必要になります。

簿記の知識と会計ソフトの知識の両方を備えたスタッフを探すのは至難の業です。教育にも時間がかかり、どうしても教育期間の品質は下がってしまうことがほとんどです。

その点、記帳代行業者に依頼すれば専門性のあるスタッフが入力を行うため、高品質な納品が期待できます。

記帳代行の業務内容④入出金にかかわる雑務


記帳代行業者によっては、帳簿作成の他に入出金にかかわる雑務を担ってくれることもあります。

たとえば、不明な入金があった場合に取引先に確認メールを送る。請求書を発行してメールで連絡する。こういった作業は、実は記帳代行とあわせて行った方が正確で、もれも発生しません。

これらの業務を記帳代行とあわせて依頼することで、雑務にかかる時間を大幅に短縮し、コストカットを実現することができます。

税理士でここまで対応しているところは少ないため、記帳代行業者に頼む大きなメリットともいえるでしょう。

記帳代行にアウトソーシングするメリット

続いて、記帳代行を外注する主なメリットを3つ紹介します。すべての業務を自社で行うというのは、決して効率的な方法ではありません。

必要な業務は外注業者に振り、身軽な状態で本業に専念することが会社の成長にとって重要なことです。

記帳代行のメリット①品質が保証される

社内で帳簿作成をしていると、なかなかチェック機能が働きません。税理士に依頼しているとしても、社内で一人の担当者が業務を抱え込んでしまっているケースも多くあります。

一人の人間が作成していると、場合によってはミスや不正が起きるケースがあります。税務的に誤った処理をしていて税務調査で追徴課税されたケースや、経理担当者が架空経費を計上して現金を抜いていたなんてケースも過去に発生しています。

その点、記帳代行業者を利用すれば常に複数人が帳簿作成に携わるため、ミスや不正が起きるのを防ぐことができます。

記帳代行業者によっては、税理士事務所の勤務経験がある専門性の高いスタッフが在籍しています。税理士に依頼するより安い金額で、高品質な納品を期待できるのがメリットです。

記帳代行のメリット②担当者の退職リスクがなくなる

社員の退職リスクがなくなるのも記帳代行を依頼するメリットです。帳簿作成は専門性の高い業務で、取引内容も理解している必要があります。

そのため、せっかく社員を育てても退職してしまった場合の痛手ははかり知れません。退職前に引継ぎをするとしても、短期間ではなかなか十分な引継ぎができず、誤りを税務調査で指摘されてしまうケースもあります。

その点記帳代行業者では業務を標準化し、複数人が対応できる体制をとっているところがほとんどです。そのため、退職や病気といったリスクを恐れることなく安心して帳簿作成を任せることができます。

記帳代行のメリット③コストカットを実現できる


記帳代行を外注すると社内に経理担当者を置く必要がなくなります。人件費だけでも大幅なコストカットが実現します。

その他にも、社員が退職した場合の採用にかかるコストや育成・引継ぎにかかる時間を加味すると、人件費以上のコストカット効果があることがわかります。

帳簿作成に社員が時間をとられなくなれば、他の業務に専念することができます。

記帳代行の料金相場

記帳代行の料金相場は、領収書の数や入力する仕訳数によって変わります。

大きく分けて、稼働時間によって料金が決まる場合と、仕訳数によって個別に料金が決まる場合があります。

稼働時間によって料金が決まるプランなら、仕訳数をいちいち把握しておく必要がありません。記帳代行で使いきれなかった時間については、別の雑務を依頼するなど臨機応変に活用できるのも魅力です。

稼働時間や依頼する業務に応じて月額5万円から20万円まで料金設定は様々です。

仕訳数に応じて料金が決まる場合、100仕訳1万円程度が目安です。ただし、会計ソフトの設定などで初期費用が発生したり、仕訳数が超過した場合に追加料金が発生したりします。

何も考えずに依頼していたら当初想定していたよりはるかにコストがかかっていたというケースもあるため、利用後もきちんと料金を把握しておくことが大切です。

記帳代行おすすめの業者

最後に記帳代行のおすすめ業者を紹介します。記帳代行のみを依頼したいのか請求書作成などの業務もあわせて依頼したいのか、安さを求めるのか品質を求めるのかといった観点で比較し、自分に合った業者を見つけることが大切です。

記帳代行のおすすめ業者①フジ子さん


アウトソーシング会社の中でも格安な料金設定が魅力のフジ子さん。1カ月20時間4.7万円から利用でき、稼働時間が増えるほど料金はお得になります。

記帳代行だけでなく、請求書作成業務やメールの送受信など雑務全般を請け負ってくれます。プランによっては時給換算で1390円までコストが下がります。

パート社員の時給と比較すると高く感じるかもしれませんが、採用にかかる広告費や面接官の人件費、引継ぎにかかるコストなどを考えれば、費用対効果が高いといえます。

フジ子さんは会社の仕事の流れを覚えイレギュラーなことにも対応してくれるなど、かゆいところに手が届くサービスで有名です。1週間2時間の無料トライアルがあるため、気軽に試せるのもうれしい点です。

 

フジ子さん公式サイトこちらから

 

記帳代行のおすすめ業者②HELP YOU

顧客の継続率97%を誇る高品質で有名なアウトソーシング会社です。専門性の高いスタッフが数多く在籍しています。記帳代行はもちろん、リサーチ業務などバックオフィス業務全般を幅広く依頼することが可能です。

領収書の整理や会計ソフトへの入力に加え、請求書・見積書の作成、受発注の管理、在庫管理、助成金申請など様々な仕事を依頼できるのがHELP YOUの特徴です。

月額8万円で30時間分の仕事を依頼することができるため、記帳代行に限らず様々な仕事を依頼して生産性向上を目指す会社におすすめの業者です。

 

HELP YOUの公式サイト

 

記帳代行のおすすめ業者③経理支援ドットジェイピー

記帳代行・経理支援に特化したサービスを提供する会社です。1000社の記帳代行実績があるため安心して記帳代行を依頼することができます。

料金は100仕訳8000円からです。ただし、マニュアル整備や勘定科目の分析をするため初期設定料金が別途発生します。

その他追加仕訳が発生したり納期短縮したりするとその都度料金が発生するため、利用する際には利用方法をよく検討し一体どのぐらいのお金がかかるのか正確に把握しておくことが大切です。

経理支援ドットジェイピーのお問い合わせはこちら

まとめ


記帳代行のメリットや依頼できる業務内容、おすすめの業者について解説しました。

正社員が担わなければならない業務というのは、実はそう多くはありません。記帳代行はもちろん、社内で行っている単純作業を一度徹底的に検証し見える化すれば、現場の生産性が大きく向上するかもしれません。

仕事は社内で抱え込むのではなく、得意な業者に適切に割り振っていくことが効率のいいやり方です。アウトソーシングを賢く活用することで、業務の品質を高めるとともにコストカットを実現しましょう。

記帳代行カテゴリの最新記事