秘書を雇うには?値段、デメリット、個人で雇う方法など

秘書を雇うには?値段、デメリット、個人で雇う方法など

経営者や役員などのサポートをしてくれる秘書。

本来やるべき仕事に集中するために秘書雇うことを検討するけど、秘書の雇い方がわからず、以下のような悩みを抱えているのではないでしょうか?

「どこで秘書を雇えるかはわからない」

「仕事ができない秘書が来られても困る」

「週5日の業務があるかわからないから融通を効かせてほしい」

もし、週5日業務の秘書を雇うほどでなければ、オンライン秘書に頼むのおすすめです。

月30時間程度から仕事をお願いすることができますし、フジ子のような格安なオンライン秘書であれば、時給換算で1,390円(最安)の安さで雑務を行ってくます。

そこで今回は秘書雇うのにかかる費用やメリット、秘書雇う以外の方法をご紹介します。

秘書雇うのにかかる費用、値段

まず、秘書を雇う場合に気になるのが費用です。秘書を雇うことで業務が効率化したとしても、秘書にかかる費用を利益が上回らなければ意味がありません。意外と多くの費用がかかるため、注意してみていきましょう。

まず、秘書を雇う場合は求人広告費用がかかります。また、秘書の給与は事務員の給与より高い傾向があります。人柄の相性もよく能力が高い人となると、ますます競争率が上がるため、人件費は高くなります。

こちら秘書室」の調査によると、秘書の年収は301万円から500万円が最も多く、続いて501万円から700万円となっています。長く勤めてもらう場合は昇給を要求されることもあります。

この他にも、勤務時間によっては社会保険料が発生したり、採用・退職の手続き費用が発生するなど、秘書を雇うのにかかる費用は多々あります。費用対効果をよく考えて秘書を雇うかどうかを決める必要があります。

秘書を雇う3つのメリット


秘書を雇うには意外とたくさんの費用がかかることがわかりました。続いて、秘書を雇うメリットについて解説していきます。

雑務から解放される

秘書を雇うことで、資料作成やメール・電話対応など雑務を一括して任せることができます。雑務から解放されれば、より高度な意思決定が必要とされる業務に専念できるでしょう。

経営者が雑務から解放されることで、新たなアイディアが生まれたり人脈が広がったりして、事業としてますます発展していくケースは多々あります。

仕事の品質が上がる

秘書を雇うことで、ダブルチェックなどを任せることができ、結果的に業務の品質が向上します。メール・電話対応を秘書に任せるとタイムリーな返信ができるため、取引先とも良好な関係を築けるでしょう。

仕事の品質そのものが向上することが秘書を雇うメリットの1つといえます。

精神的な負担が減る

スケジュールを管理などを秘書に任せることで、経営者は精神的な負担から解放されます。単純作業や誰にでもできる業務は経営者が最も苦手とすることです。そういったことを任せられる誰かの存在は、経営者の気持ちを楽にしてくれるでしょう。

困った時も気軽に相談したり、雑談を交わしたりできます。心強い存在が身近にいることが、秘書を雇うメリットです。

秘書を雇う3つのデメリット

秘書を雇うことには様々なメリットがある一方で、デメリットも存在します。秘書を雇うデメリットを踏まえたうえで、慎重に秘書を雇うかどうかを判断しましょう。

費用を上回る利益を出すのが困難

秘書を雇うには多額の費用が発生することを説明しました。秘書を雇うことで業務が効率化されたり精神的な負担が減ったりしますが、結果的に利益に結びつかなければ意味がありません。

秘書を雇うことでかえって経費がかさみ、経営状況が悪化してしまうことも十分あり得ます。

相性によってはストレスが増える

秘書は身近な存在であるが故に、相性が悪ければストレス以外の何ものでもありません。最初は関係が良好でも、長く働くうちにお互いの信頼関係が崩れてしまうこともあります。

そうなった場合でも、一度雇ったら簡単には解雇できません。気の合わない秘書と常に一緒にいるのは息が詰まるほどつらいことなので、人選を慎重に行うことが大切です。

退職すると業務が回らなくなる

頼りにしていた秘書が退職してしまうと、一気に業務が回らなくなってしまう可能性があります。すぐに次の人材が見つかればいいですが、そうでない場合は引継ぎも満足にできません。

となると、日頃から退職リスクを想定して業務を任せる必要があります。結局経営者が秘書の仕事全体を把握しておく必要があるとなると、かえって管理の手間が増えてしまうこともあります。

秘書雇う以外の方法


秘書を雇うメリット・デメリットを解説しました。最後に、秘書を雇う以外の解決策を紹介します。

事務代行などに外注する

最近では、自社ですべての業務を行うのではなく、アウトソーシング会社に外注することが増えてきました。

特に単純化された事務作業は、アウトソーシングと相性のいい業務です。アウトソーシングが初めてであっても、事務代行なら比較的すんなり外注が成功するでしょう。

事務代行サービスを活用することで、資料作成や給与計算、備品購入などの業務を一括して任せることができます。人を雇う場合と比較すると、デスクやパソコンなどの備品の購入費用、採用にまつわる費用などが一切かかりません。

事務代行サービスを活用して事務仕事から解放されれば、仕事の能率も格段に上がるでしょう。

最近では、特にオンラインで仕事を依頼できる事務代行サービスが人気です。

事務代行サービス!おすすめの外注業者やアウトソーシングの費用相場など

オンライン秘書に頼む

秘書を雇うより人気の方法が、オンライン秘書とに外注するという方法です。

オンライン秘書サービスはオンラインアシスタントと呼ばれることもあり、チャットなどを通じて気軽に業務を依頼することができます。

実力あって働きたいけど仕事がなくて働けない主婦層が働いているので、優秀な人材が多くいます。

また、フジ子さんなどの格安のオンライン秘書サービスは時給換算が最安で1,390円と驚くほどの安さです。

秘書雇えない原因が費用なのであれば、フジ子さんなど格安なオンライン秘書に頼むのがいいでしょう。

【オンライン秘書関連記事】

フジ子さんはこちらから

オンライン秘書とは?費用比較表!安くておすすめのオンライン秘書って?

親族に手伝ってもらう

どうしても手が足りない、コストもかけたくないという場合は、親族に手伝ってもらうという方法があります。

親族であれば、求人広告等の費用はかからず、融通を利かせてくれる側面もあります。

一方で、親族に給与を支払う場合、税務調査で厳しくチェックされるリスクがあります。

もし業務に対して適正な給与とみなされなければ、経費と認められず過去にさかのぼって追徴課税される場合があります。

親族に手伝ってもらうからといって適当な処理をせず、きちんと雇用関係の書類を整え、労務・税務の知識を蓄えておくことが大切です。

まとめ


秘書を雇う場合にかかる費用や秘書を雇うメリット・デメリット、秘書を雇う以外に労働力を補う方法を解説しました。

経営者にとって秘書は一つの憧れです。雑務を気軽に依頼できる相手がいるだけで、業務は大幅に効率化し、心置きなく本業に専念できるでしょう。

最近は手軽さと品質の観点から、オンライン秘書が人気です。オンライン秘書であれば人間関係がこじれる心配もなく、退職リスクもありません。

また、必要なスキルを持った秘書がチームで対応してくれるという安心感があります。

バックオフィス系カテゴリの最新記事