コーディング代行とは?外注費用やおすすめの委託業者

コーディング代行とは?外注費用やおすすめの委託業者

コーディング代行とは、近年多くの企業が導入している、Webサイトに関する業務の代行です。

コーディング代行に委託するとWebサイトやLPなどのコーディングを行ってくれるので、大変便利です。

とはいえ、コーディング代行はたくさんあり、選定する際に以下の悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

「格安のコーディング代行に頼みたいけど、ちゃんとしれくれるか不安」

「外注してサイトにバグが出るのが怖い・・」

「高品質で低価格のコーディング業者を知りたい」

 

コーディング代行に外注するのもありですが、低価格で高品質のコーディングをお願いしたいのであれば、フリーランスも選択肢に入れてみてください。

フリーランスは法人ではないので、法人に委託するより安くなる傾向があります。

 

そこで今回はコーディング代行に委託できる仕事や費用相場、おすすめの業者をご紹介します。

 

フリーランスにコーディングを委託したい方はこちら

 

コーディング代行とは

コーディング代行とは、設計したプログラムをHTMLやCSSといったコンピュータ言語を用いて、コードを記述する作業をプロが代行することです。

プログラミングはプログラムの設計から記述、テスト、修正するのに対して、コーディング代行では、コンピュータ言語を用いたコードの記述だけを代行します。

そしてコーディング代行は、ただコードの記述をするだけでなく、サイトのアクセスを増やしたり見やすいページにしたり、商品やサービスの売上アップに繋がるサイト作りをしてくれる特長があります。

コーディング代行が委託してくれる作業は以下です。

・レスポンシブ:PC、スマホ、タブレットに対応したサイト作り

・SEO施策:サイト検索で上位に表示する施策をしてくれる

・効果が高いLPコーディング:商品やサービスの売上を高められるLP作成

・HTMLやCSSを用いたコーディング:段落や見出しを用いた見やすいサイト作り

・WordPress:WordPressを用いたコーディング

コーディング代行はコストと手間が削減できる

コーディングにはプログラム言語の知識も必要で、一から勉強してコーディングができるようになるまで、大体3ヶ月はかかると言われています。また同等の知識を持った人材を新たに雇うとなると、コストが40万円程度かかります

ところがコーディング代行なら数万円でも代行してくれるため、費用が大幅に削減できます。また、自社でコーディングについて考える必要がなくなるため、手間も省くことができます。

費用や相場に関しては、この先の項目でさらに詳しく解説しています。

LPコーディング代行で最適化

LPとはライティングページを意味していて、商品やサービスについて、1ページで紹介しているページのことです。今やウェブマーケティングでは当たり前となっているLPも、コーディング代行業者が請負ってくれます。

LPでは、サイト利用者が実際に商品を購入したり、サービスを利用したりといった、最終的な成果を表すCV(コンバージョン)が重要ですが、コーディング代行を利用すればCVを高めるページ作りをしてくれます。

例えば1枚のLPを作成したのに、なかなか最後まで読んでもらえなかったり、商品やサービスのリンクをクリックしてくれなかったりとお悩みの方も多いでしょう。

一生懸命作ったサイトを読んでもらえないのは非常に辛いことですが、そんな読んでもらえない・売上に繋がらないといった悩みも、コーディング代行が見込み客に向けて最適化をするなどして解決します。

コーディング代行がやってくれること

続いてはコーディング代行を利用すると、どのようなことをしてくれるのか解説していきます。

顧客に使いやすいサイトにしてくれる

コーディング代行を利用すると、顧客が読みやすいサイトにしてくれます。

例えばサイトにアクセスするすると、最初に見出しを見てから、知りたい情報の本文を読みますよね。もしも見出しがなかったり、見出しの文字サイズが本文と同じだと読みにくく、読んでいる方がサイトから離れる恐れがあります。

同様に段落がない文章も、どこまで読んでいたのかわからなくなったり、そもそも読む気が起きなかったりして、読んでいる方もサイトを作った方も辛い思いをしてしまいます。

その点コーディング代行を依頼したサイトは、見出しの位置や文字サイズが見やすかったり、段落も適切に使われていたりと、読み手のストレスが軽減されたサイトに仕上がります。

また近年では使用端末がパソコンだけではないため、パソコンやスマホ、タブレットそれぞれに最適化した、レスポンシブと呼ばれる作業もしてくれます。

SEOに強いサイトにしてくれる

SEOとは、検索エンジンの最適化を意味していて、このSEOには明確な施策があり、コーディング代行業者は、このSEO施策に関しても深い知識とスキルを持っています。つまり検索された際に、自分のサイトが上位に表示されるようになります。

例えば、自分では有益な情報を掲載していて、文字の配列や画像の掲載なども上手にできていると思っても、いざ運営を開始するとなかなかアクセスが集まらないといった経験がある方も多いでしょう。

一生懸命作ったサイトが全く見られていないと寂しい気持ちになりますが、その原因はSEO施策ができていないからです。

そんなアクセスの少ないサイトに対して、見込み客の持つ特性に合わせて最適化し、たくさんの方に見てもらえるサイトへ、作り変えてくれるのもコーディング代行業者です。

コーディング代行の外注費用・相場

コーディング代行を導入する場合の費用と相場についてご紹介します。

4社のコーディング業者を見てみると、料金に多少の開きはありますが、ページ単価に関しては15,000円前後が相場のようです。

フリーランスのプログラマーを雇うのもあり

コーディングを代行するなら、フリーランスのプログラマーを雇うのも良いでしょう。

企業に委託すると費用が高かったり、こちらの希望を伝えても作業する担当者には伝わりにくく、思っていたのと違う仕上がりになったりします。

その点フリーランスによるコーディングなら、相場よりも安い価格で委託ができたり、細かい指示も直接相談できたりするので、低価格で高品質の仕事をしてくれます。

そして高いスキルをもったフリーランスのプログラマーを探すなら、シューマツワーカーというサイトがおすすめです。

シューマツワーカーとは、副業をしたいと考える方と、副業採用をしたいと考える企業を結び付けるサイトで、様々な専門スキルをもった方が数多く登録しています。

シューマツワーカーを活用すれば、コミュニケーションを密に取ることもできますし、時給でコーディング代行をお願いできるのでおすすめです。

シューマツワーカーの詳細はこちら

まとめ

コーディングとは、サイトに訪れた方が少しでも、読みやすいようにサイトを構築してくれます。

特に見出しの有無や段落の使い方、文字の大きさや色といった部分は、読み手のストレスを軽減させて、快適に利用してもらうためには欠かせないポイントです。

そんなコーディングには、HTMLやCSSといったプログラミングの知識が必要になるため、知識や経験がない方では、質の高い作業ができません。仮に一から勉強を初めて、技術を身に付けようと思っても、約3か月程度の期間が必要と言われています。

そこで活躍するのがコーディング代行業者です。安い費用で質の高い作業を行ってくれる上に、早く結果を出してくれるので、一から勉強するよりも遥かに時間を節約できます。

Webサイトのコーディングでお悩みの方は、コーディング代行の導入をご検討ください。

コーディング代行カテゴリの最新記事